バイ菌が侵入してしまう

>

なぜ虫歯になってしまうのか

ちょうど良いサイズの詰め物

虫歯を治療する際は、腕前の良い医師を探してください。
きちんと実力を持っている医師だったら、詰め物のサイズを間違えるということはありません。
ピッタリの詰め物を用意してくれるので、隙間が生じることもないでしょう。
するとバイ菌が侵入できる部分がないので、二次虫歯の予防になります。
歯医者を探す時は、腕前の良さを重要視してください。

適当な性格の医師は、絶対に避けてください。
そのような医師に治療を任せると、詰め物が少し大きくても大丈夫だろうと思って治療を終わらせてしまいます。
隙間にバイ菌が侵入したり汚れが溜まったりして、二次虫歯の被害に遭ってしまうでしょう。
完璧に治療するためには、医師の見極めが重要だと理解してください。

詰め物が劣化するケース

ちょうど良いサイズの詰め物をしていた場合でも、二次虫歯が起こってしまうことがあります。
それは詰め物が劣化するケースです。
劣化すると詰め物が不安定になったり、欠けたりするトラブルが起こります。
そうなったら歯医者に行って、対処してもらってください。
特に詰め物が欠けてそのままにしておくと、すぐ二次虫歯になります。

詰め物が欠けたら、自分で何とかすることはできません。
すぐ利用できる歯医者を見つけましょう。
平日は仕事で忙しい人がいると思いますが、夜遅くまで経営している歯医者や、土日も経営するところを探すと良いでしょう。
それなら仕事が終わってから、相談しに行けるので被害が大きくなることはありません。
安心して治療を受けられます。


Share