バイ菌が侵入してしまう

>

詰め物の種類を調べよう

二次虫歯を防げる素材

詰め物の素材に注目することも、二次虫歯の防止に効果的です。
一般的に多く使われているのは、金属やプラスチックです。
それらは価格が安いのでよく使われますが、劣化しやすいと言われています。
二次虫歯になりやすいですし、劣化したら交換しなければいけないので費用が発生します。
そこでおすすめなのは、陶器製の詰め物です。

丈夫で劣化しにくく、バイ菌が繁殖することを防げます。
価格が他の素材に比べて高いですが、壊れたり欠けたりして再び治療してもらうことはないでしょう。
長く使えるので、結果的にコスパが良いと言われています。
歯医者よって、扱っている素材が異なります。
最初から陶器製の詰め物を選択したいなら、用意している歯医者に行きましょう。

見た目が綺麗というメリット

高額なので、陶器製の詰め物にするか悩んでいる人が見られます。
二次虫歯を防げる、丈夫という他に見た目が普通の歯と似ているという部分もメリットに挙げられます。
金属やプラスチックは、他の歯と外見が大きく異なります。
ですから口を開くと、すぐに詰め物をしていると周囲に気づかれてしまうでしょう。

それを恥ずかしく感じるのであったら、陶器製の詰め物を選択してください。
金属やプラスチックの詰め物を気にしていると、ストレスになります。
陶器製の詰め物を選択する際は、前もって医師に価格を聞くと良いですね。
複数の歯を陶器製にする場合は費用が高くなってしまいますが、1本ぐらいだったらそこまで大きな出費にもならないでしょう。


Share